Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/fjtblog/kouheifujita.com/public_html/wp-content/themes/blog-prime/inc/breadcrumbs.php on line 259

ユネスコ無形文化遺産「細川紙」の技術を継承し、伝福連携で守られる和紙。手漉き和紙「一越紙」(社会福祉法人一越紙)

細川紙とは

細川紙は、楮(こうぞ)を原料とした伝統的な手漉き和紙で、現在は小川町と東秩父村で伝承されています。

未晒しの純楮紙ならではの強靭さと、素朴ながらつややかな光沢をもち、地合がしまり紙面が毛羽立ちにくく、剛直で雅味に富んだ味わいがあります。

細川紙の製作技術は昭和53年に国の重要文化財に指定され、平成26年にユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載されました。指定要件は次のとおりです。

1 原料は、こうぞのみであること。

2 伝統的な製法と製作用具によること。

 (1)白皮作業を行い煮熟には草木灰またはソーダ灰を使用すること。

 (2)薬品漂白は行わず、填料を紙料に添加しないこと。

 (3)叩解は、手打ちまたはこれに準じた方法で行うこと。

 (4)抄造は、「ねり」にとろろあおいを用い、竹簀による流漉きであること。

 (5)板干しまたは鉄板による乾燥であること。3 伝統的な細川紙の色沢、地合等の特質を保持すること。

3 伝統的な細川紙の色沢、地合等の特質を保持すること。

手漉き和紙「細川紙」の歴史

細川紙は、紀州高野山の細川村(現在の和歌山県高野町)で漉かれていた細川奉書の技術が、江戸時代中期頃に江戸に近い小川周辺に入ってきたものといわれています。

もともとこの地域でも紙漉きが行われており、その紙が細川紙に似ていたためその名が使われるようになったのかもしれません。

江戸の商家や町方・村方での帳面用紙、庶民の生活必需品として好まれ、見た目の美しさもさることながら紙そのものの強靭性が求められました。

明治以降も帳面・台帳用紙として広く用いられましたが、戦時中は砲兵紙や気球紙などの軍需品としても使われました。

戦後の高度経済成長期を経て生活様式等の変化により細川紙の需要も大きく減少しました。

細川紙の技術で作られる手漉き和紙「一越紙」

一越紙は、埼玉県小川町で1300年ともいわれる歴史を持ち、国の重要無形文化財にも指定された「細川紙」の伝統技術を学びました。

群馬県前橋市にある知的障がいのある人たちの通所施設に工房を構え、試行錯誤を繰り返しながら、10年以上をかけて独自の生産方法を確立させてきました。

一越紙の原料となるのは、桑科の落葉低木である楮(こうぞ)です。

古代から永きに渡って使われ、他の和紙原料である「雁皮(がんぴ)」や「三椏(みつまた)」などと比べ、繊維が長く優美で強靭で絡みがよいので、軽くしなやかながら、破れにくく水濡れに強い紙ができあがります。

日本画材や木版画、写経、表具の用紙、障子紙などに幅広く使われてきました。

一越紙は、この楮を100%使い、自家栽培もしています。混ぜ物はなく、もちろん化学薬品等も使っていません。木は1年で高さ2メートル程度に成長し、毎年若いうちに収穫します。

硬い楮の木から柔らかな和紙になるまで、全てを工房内の手作業で仕上げています。

監督・撮影 河野涼
編集 塚本直純
企画 JAPAN MADE
協力 社会福祉法人一越会

CREATIVE SHERPAで作る「江戸仕立て都うちわ千鳥型(千鳥うちわ)は、主に「一越紙」を使用しています。

写真:JAPAN MADE

Creative Sherpa「匠の森」

Web:https://creativesherpa.net
Instagram:https://www.instagram.com/creative.sh…
Twitter:https://twitter.com/creativesherpa_
Facebook:https://www.facebook.com/creativesherpa

一越紙

WEB:http://www.hitokoshi.org/kami/
Instagram:https://instagram.com/washi_hitokoshi…
ONLINE SHOP:https://hitokoshi.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メニュー