Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/fjtblog/kouheifujita.com/public_html/wp-content/themes/blog-prime/inc/breadcrumbs.php on line 259

埼玉県越谷市で長年作られてきた伝統工芸品「江戸仕立て都うちわ千鳥型(千鳥うちわ)」

都うちわとは

都うちわは日本の三大うちわ(京都の京うちわ、香川の丸亀うちわ、千葉の房州うちわ)の京うちわの別名で、扇と柄(持ち手)の部分が別々に作られる特徴があります。

江戸時代初期、小笠原弥七が京都から江戸に職人を呼び作り始めたと言われており、見慣れた丸い形の丸型と、柄の部分が千鳥の形をした独特の千鳥型があります。

越谷市在住の加藤照邦さんが作る都うちわの材料となる竹は5、6年を経た真竹で、紙は上質和紙が使用されています。すべて手作りで一つ一つ丁寧に仕上げているため完成には半年ほどかかるそうです。

都うちわは手に取ると軽く、扇げばしっかりとした風が来ますが、見た目が美しいので観賞用としても楽しまれています。

監督・撮影:河野涼  編集:塚本直純  企画:JAPAN MADE 協力:加藤照邦

監督・撮影 河野涼
編集 塚本直純
企画 JAPAN MADE
協力 加藤照邦

Creative Sherpa「匠の森」
Web:https://creativesherpa.net
Instagram:https://www.instagram.com/creative.sh…
Twitter:https://twitter.com/creativesherpa_
Facebook:https://www.facebook.com/creativesherpa

ONLINE SHOP https://creativesher.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メニュー