2020年度グッドデザイン賞受賞。伝福連携(伝統工芸と福祉の連携)「江戸仕立て都うちわ千鳥型」の職人技を継承する“クリエイティブシェルパ”

受賞対象名 伝福連携(伝統と福祉の連携) 「江戸仕立て都うちわ千鳥型」の職人技を継承する“クリエイティブ・シェルパ”

事業主体名 チーム・クリエイティブ・シェルパ

分類 社会貢献

受賞企業 チーム・クリエイティブ・シェルパ (埼玉県)特定非営利活動法人絆の会 (東京都)社会福祉法人一越会 (群馬県)、社会福祉法人あすなろの会 (山梨県)

受賞番号 20G201279

受賞概要 2020年度グッドデザイン賞受賞概要

概要

後継者がいない職人技を絶やさないよう、細かい繰り返し作業を得意とする異才の若者をマッチングして技術継承を試みる取り組み。

千鳥うちわのパーツを3つに分け、世界遺産技術を習った知的障がいの方たちによる和紙漉きの他、各作業に相応しい障害者施設で練習をして仕上げ、ロンドンで好評だったあかり博展示とのコラボレーションが実現した。

デザインのポイント

1.後継者不足の伝統工芸職人と、こだわりが強く一般就労が困難な障がい者のマッチングで、双方の課題に寄与
2.施設現場とのネットワークを活かし、隠れたものづくりの才能を発掘、パーツと作業を分けて職人技術を伝授
3.伝統工芸作品としての美しさを優先、多彩なコラボレーションによる表現活動で社会に新しい価値を提案する

【プロデューサー】
チーム・クリエイティブ・シェルパ 羽塚順子、藤田昂平、芳賀尚賢

【ディレクター】
布多天神社+株式会社オフィスミゴト/日本あかり博+株式会社榎戸材木店+有限会社原新工務所+齋藤勉+深瀬美帆+出原れい+調布美術研究所

【デザイナー】
江戸仕立て都うちわ千鳥型職人 加藤照邦+ FLAGS+一越会ひとこし工房+絆の会ふれんど+あすなろの会みとおし+渋谷区手をつなぐ親の会+はあと・ふる・えりあ+共同作業所オーク+翔和学園詳細情報

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

江戸時初期に京都から日本橋に渡り、江戸職人たちが工夫を凝らして進化した「江戸仕立て都うちわ千鳥型(通称:千鳥うちわ)」は、独特の千鳥型フォルムと、約100本の極細の竹骨が精巧に並ぶ美しさなどで、大正時代に人気を集めたという。

この千鳥うちわ一筋60年以上のベテラン職人に技術伝授をお願いしたところ、市場の需要減と、自身のご高齢を理由に、後継者は取らず引退するのでと断られてしまった。

同様に素晴らしい職人技が途絶えてしまうケースは全国各地にある。

一方、並外れた集中力でパターン化した職人的作業が得意な特性を持ちながら、コミュニケーションが苦手で才能を活かせない障がい者の方が数多くいる。

この非常にもったいない「職人技と異才」を結んで後世に残したいとの思いから、協力者への要請や資材調達の調整、職人との信頼関係を築きつつ、各地の障害者就労支援施設にいる異才をヘッドハンティングしながら練習を重ねていった。

経緯とその成果

千鳥うちわの製作には約30の工程がある。

資材を和紙・竹骨・柄(持ち手)の3つに分け、各パーツを継続製作可能と思われる施設で練習に取りかかり、由緒ある神社と、あかり博プロデューサーとの協力を得て、神楽殿でアート作品としての展示を目標とした。

和紙はユネスコ無形文化遺産の和紙技術を習った施設が担当。

柄は間伐材の切り出しから関わり、磨き仕上げは木工作業を得意とする施設が担当。

竹の選別・切り出し・加工作業は、メンバーが体験。

竹骨を並べる貼り作業は、複数の施設で職人に直接指導してもらった。

展示を実現できたことも成果だったが、職人の信頼を得て技術全般を身につけ、施設で指導できるようになった若い熱量あるメンバーが育ったことが大きかった。

また、職人から次年度分1000本の柄の製作依頼を受け、柄の磨き技術が上達したと同時に職人の引退を延ばすことができた。

この「伝福継承/連携」が参考になれば嬉しく思う。

仕様
[千鳥うちわ] 縦260mm×横380mm、約30g 材質:和紙、竹、檜または杉(いずれも国産)

どこで購入できるか、どこで見られるか
Creative sherpa、TSURUTOほか
Creative sherpa
TSURUTO

審査委員の評価

後継者不足に直面する伝統産業においては継承のための様々な取り組みが求められているが、本プロジェクトでは熟練の職人とものづくりの才能を持った障がい者の連携を実現。その点をまず評価したい。

極細で多くの竹骨と工程の多さによって独自の美しさが実現されている伝統的なうちわづくりに新たに関わったのは、一般就労が難しい異才の持ち主。

各自の得意作業を把握したうえで作業を適切に分担、無理のないかたちでの制作方法が考慮された。

従来の千鳥うちわにはなかったデザイン魅力に満ちている。

本件をふまえての今後の継続、展開にも期待したい。

(グッドデザイン賞2020 担当審査委員| 井上 裕太様   川上 典李子様   ナカムラ ケンタ様   山出 淳也様   山阪 佳彦様  )

撮影・編集 長島拓也
企画 羽塚順子・藤田昂平(CREATIVE SHERPA共同代表)
運営委員会 芳賀尚賢(株式会社オフィスミゴト) 古戸勉(特定非営利活動法人絆の会ふれんど施設長)
監査 堀口智子(渋谷区手をつなぐ親の会会長)

Creative Sherpa「匠の森」

Web:https://creativesherpa.net
Instagram:https://www.instagram.com/creative.sh…
Twitter:https://twitter.com/creativesherpa_
Facebook:https://www.facebook.com/creativesherpa

ONLINE SHOP https://creativesher.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メニュー