現代美術館「MAIIAM」が異次元だった。スコータイからチェンマイへバス旅。

      2018/05/16

昔からすぐ良いと思ったものに影響される。
別にすぐ影響されることが悪いことだとは一度も思ったことがないが、
世界一周をしていて、いろんな人と話をすると感情がそれなりに忙しい。

私はよく友人に「韓国とか中国っぽい顔してるよね」と言われる。
その時は聞き流していたが、海外に出て半分ぐらいの確率で韓国人と間違われる。
これだけ言われると変な親近感で韓国に行きたくなる。

それとバス停で立ち話をした台湾人がすごく良い人だったから、台湾にも行きたくなった。
こうしていろんな国の人の影響で行きたい国がどんどん増えていく。

タイ人に影響されてチェンマイへ

タイに来てから現地の人に
「次はどこに行くんだ?チェンマイか?」
とやたら聞かれることが多かった。

チェンマイ?どこだそれ?何があんだ?

最初はよく分からず行く気はなかったが、
あまりにも「チェンマイ」というワードを聞きすぎたので行くことにした。
チェンマイまではスコータイから片道4~5時間のバスで向かう。

チェンマイについて

チェンマイはタイで第二の都市と言われている。
ドイステープという綺麗なお寺があったり、
首長族に会える村があったり、
オシャレなカフェも買い物をする場所もめちゃくちゃ多い。

確かに住みやすくて魅力的な街だが、どこか満足しない自分がいた。
「もうちょいなんかありそうだな」
そう思いチェンマイの良さを見つける散歩に出かけた。

散歩して気が付いたチェンマイの印象

散歩をしていると旧市街でバザーが開催されていた。
面白い雑貨が並んでいて、
「この雑貨とはもう一生出会うことはないんだろうな。。。」
と思い馳せていると、あることに気付いた。

絵を売っている人がめちゃくちゃ多いということだ。

色とりどりの個性的な絵が道路の真ん中に50mぐらいの区間に敷き詰められていた。
あまりアートというものに触れてこなかったので、
たくさんの絵が地面に並べられている光景に呆然としてしまった。

翌日も散歩をしていると、「Fact Café」というカフェが気になったので入ってみる。
そこにもたくさんのアート作品が飾られていた。

ふと思い返してみると、このカフェの他にも絵を飾っている店や、絵を売っている店が多かった。
少し街を歩けば、いたるところの壁になかなかのクオリティの絵が描かれている。


チェンマイはアートの街だ。
私はそう思い「チェンマイ 美術館」で検索した。
すると2年前に大きな現代美術館がオープンしていた。

チェンマイ現代美術館「MAIIAM」

「MAIIAM」は2年前にオープンしたばかりの現代美術館。
旧市街から少し離れているので、人は少なかった。
静かな館内には子供の走る足音が常にいろんなところから聞こえてくる。
そういう演出がされている。

絵も多く展示されているが、映像作品や、いったい何を表現したいのか分からない異次元の作品まで、楽しむことができる。人が少なかったおかげで、全ての作品を一人で干渉することができた。
静かな部屋で一人、作品を眺めていると身体が吸い込まれそうになる。

先程も言ったように今までアートに触れてこなかったので、
どう表現すればいいのか分からないが、脳みそが別の世界に吹っ飛ばされる感覚。
漫画「GANTZ」のガンツ部屋みたいな感じ。(読んでいない人ごめんなさい)

とにかく行って良かった。

MAIIAM HP:http://www.maiiam.com/

以下チェンマイの写真

ワット・プラタートドイステープ:写真を撮る人を撮る

ワット・チェンマン:象

ワット・プラシン:金のお坊さん達、姿勢が全部違う

首長族の村:観光客に慣れている様子で、商売上手

男梅

私が今回の旅で思ったチェンマイの印象は「アートの街」ということになった。

たぶん人は「かっこいい」「かわいい」「素敵」「ヤバい」「おもろい」等、
感情がバーニングしたものに影響を受けて、無意識のうちに自分の行動を選択している。
いろんなものを見て、知って、体験して、行動の選択が洗練されている人が魅力的な人だと思う。
「旅は人を魅力的にする」と私は信じたい。

今回アートに触れたことも行動の選択を洗練する経験になった気がする。
絵心が無さ過ぎて、一周まわってアートなんじゃないかというぐらいの私だが、
これを機にいろんな国のアートに触れてみるのもいいかもしれない。
では。

Twitter:kouhei_fjt

Instagram:kouhei_fjt

 - around the world

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。