おもしろかったらずっと見てればいいし、つまらなかったら速攻帰ればいい。1人旅のススメ。

   

「ベトナムと言えばバイクだな」

そんな安易な思考回路で到着するや否やバイクタクシーを取っ捕まえて大量のバイクの波に飛び込んだ。

私は同じものが無数にある光景を目の当たりにするとかなり興奮するらしい。

これは新しい発見だった。

私がベトナムの首都「ハノイ」に滞在して、

毎日新しい自分を発見していた時、

「1人旅の良いところってなんだろう?」

ということを考えるようになった。

いろいろ思いつくことはあるが、

最も大きな要素は「自由度」だと思う。

1人旅をしていても「旅をする理由」は人それぞれあると思う。

○世界のことを知ってみたい

○英語が話せるようになりたい

○自分探しがしたい

○思い出を作りたい

○モテたい

よく旅は人生に置き換えて話されたりする。

人生に正解・不正解がないように

「1人旅をする理由」に正解も不正解もない。

自分がこの理由で旅をすると思えばそれが全てで、

誰かに否定されたとしても

( ˙-˙ )

こんな顔をしておけばいい。

たまに

「観光地に来て写真撮ってすぐいなくなる人信じられない!」

みたいなことを言う人がいる。

おそらくよっぽど観光にこだわりがある人の意見だと思うのだが、

1人旅に至っては、

こんなこと他の誰かに言われる筋合いは微塵もない。

もし私がそんなこと言われたら

全力で( ˙-˙ )この表情をかます。

有名な場所であろうとなかろうと、

おもしろかったらずっと見てればいいし、

つまらなかったら速攻帰ればいい。

これが成立するのが1人旅だ。

これは1人旅の最も大きなメリットだと思っている。

もし数人で来ていれば歩くペースや見る時間、興味の有無に関わらず自分勝手に行動することは難しい。

やってもいいが変なヤツだと思われる。

おそらく私は多くの人に変なヤツだと思われているが、

友達と旅行に行って自分勝手な行動はしない確率の方が高い気がする。。。

たぶんしていないはずだ。

そんなことを考える暇もなく本能のままに動けるのが1人旅だ。

以下、本能に身を任せて撮ったハノイの写真。

バイク群

ボウシ群

サンダル群

カバン群

こんな誰にも理解されない「群」の写真を永遠撮っていても、誰にも何も言われることはない。

1人旅は最高だ。

私は今回の世界一周が初めての海外1人旅だが、

海外で1人だから経験できたこと、考えたことがたくさんある。

日本語通じない、Wi-Fiが使えない、思い通りにいかない、時間を持て余す、孤独感。その逆も然り。

良いことも悪いことも誰かがいたらできないことだし、日本じゃできないことだ。

自由に旅をしていれば、

世界のことが知れるし、

英語も話せるようになるし、

自分探しもできるし、

思い出もできるし、

モテるはずだ。(たぶん)

思い出は誰かと行った方ができそうな気がするが、

もしあなたが1人旅をしようか悩んでいるのであれば、

酸いも甘いも覚悟して本能に身を任せて飛んでみては?

では。

twitter:@koheisanpo

Instagram:@kouhei_fjt

 - around the world

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。