昼まで寝ていたせいで目がギラギラなので、このまま仕事に突入する。

      2018/02/11

こんにちは。

この記事はAM 4:00に書いている。変なテンションになっている可能性があるがご了承願いたい。

今日は日曜日で日中は特に予定もなかったので、昼まで布団から離れなかった。

私の部屋には立派なエアコンがあるのだが、暖房は使わない。今年はまだ一度も使っていないし、去年も一度も使わずに終わった。

以前の記事でも書いたが、冷蔵庫もど真ん中に「冷えピタ」が鎮座しているだけで、もはや【食べ物を保存する】という機能を放棄している。

ついでに言っておくと、今自分の住んでいる住所も郵便番号も覚えていないので、自分の住所を急に尋ねられても「どこに住んでいるか分かりません」と答えるしかない。もうヤバイやつだ。

ご察しの通り、私は極度のめんどくさがりだ。

興味のある仕事となれば、「求められているもの以上を提供する」というスタンスで、あいまいにすることや後回しにすることを嫌い、寝る間も食事の時間も惜しんで取り組む。異常な執着心で周りにいる者を置き去りにする。

しかし、いざプライベート(特に他人が関わってこない領域)や興味のないことになると、脳みそが停止する。無表情の腑抜けと化すのだ。

そんな私だが、最近ずっと転職を考えている。

理由は細かく言うとたくさんあるが、ざっくり言うと今の仕事に飽きてしまったのだ。

仕事なので、上司・発注者・協力会社に迷惑をかけないためにも業務をこなすが、脳みそが停止しかけている。こうなるともうやばい。

もし今から一度眠りについてしまったら、仕事に行きたくなさすぎて、そのまま息を引き取る可能性も出てくる。

なので、今日はこのまま仕事に突入する。

かなりまとまりのない文章になってしまったが、何が伝えたかったかというと、この記事を読んでいるよっぽど暇なあなたも「今日から1週間、頑張ろう!」

 - 戯言

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。