強靭な精神は、強靭な肉体に宿る。目標は範馬勇次郎。

      2018/02/11

こんにちは。

男だったら誰しも範馬勇次郎になりたい。

知らない人のために説明すると、範馬勇次郎とは漫画「グラップラー刃牙」の主人公の父親だ(私も漫画は読んだことはないが、この男の偉業はたくさんの人から御教授してもらった)。

(出典:http://news.aol.jp/2014/02/13/baki/)

範馬勇次郎は強靭な肉体に加え、生まれながらに強靭な精神を持ち合わせている。

以下に範馬勇次郎の伝説を簡単にまとめる。

episode1:鉄の扉をパンチで破壊

(出典:https://thefunnel.jp/summaries/5423cbbb383738000f670000)

episode2:防弾ガラスを顔面で突破

(出典:https://thefunnel.jp/summaries/5423cbbb383738000f670000)

episode3:パンチで地震を止める

(出典:http://f.hatena.ne.jp/frsatti/20100319231815)

episode4:生まれて第一声が「俺を取り上げろ」

(出典:https://matome.naver.jp/odai/2136248891241586501)

episode5:生まれた日、各国指導者が核保有を決意

(出典:https://thefunnel.jp/summaries/5423cbbb383738000f670000?page=2)

※【範馬勇次郎】で検索すればいくらでも伝説が出てくるので、もっと知りたい方はぜひ。

範馬勇次郎が証明するように、強靭な精神は強靭な肉体に宿る。

ということで、私もジムに通って体を鍛えることにした。

衝動的に行きたいと思い、この期を逃したら一生行かないと思ったのですぐ登録した。

以前、マッチョの友達にどのように筋トレしているか尋ねたところ、ジムに行くことをおすすめされた。

周りにいる人たちがトレーニングしている姿にモチベートされるだけでなく、自然に効果的な情報が耳に入ってくる。

やはり、環境や関わる人というのはその都度、意識して生活したほうが良さそうだ。

私の目標はもちろん範馬勇次郎になって顔面で防弾ガラスを突き破ることなのだけれど、体を鍛えて本格的に「パワフルじじい」を目指す(パワフルじじいのくだりは以下の記事を参照)。

今年の流行語「インスタ映え」してる写真が撮りたい。

自燃性と他燃性という言葉がある(自発的に魂を燃やせるか、他からの影響で燃えるか)。

私はどちらかというと自燃性だと思っているし、そうなりたい。

自分という存在が一緒にいる人を輝かせることができたら、何気ない日常は輝く。

自分が元気がなかったら元も子もないのだ。

だから私は「パワフルじじい」になる。

3日坊主にならない仕組みを考える。

 - 戯言

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。