1人の時ぐらいオラつかせろ!最高のストレス発散方法、一発でオラつける曲、5選。

      2018/02/14

こんにちは。

日本はストレス社会だ。

仕事のストレス、人間関係のストレス、思い通りにいかない自分自身に対するストレス。多かれ少なかれ皆ストレスは抱えているはずだ。

ストレスをなるべく貯めないように工夫しながら起用に生活している人も中にはいるが、やろうと思ってできることでもない。

そんな避けることのできないストレスは、適度に発散しながら上手にやりくりする必要がある。

あなたはどのようにストレスを発散しているだろうか。

買い物、運動、フェス、酒、人それぞれ自分に合う発散方法があるはずだ。

もし、あなたが自分のストレス発散方法がまだ分かっていないというのならば、最近私が発見した最高のストレス発散方法をぜひ実践していただきたい。

その方法とは、オラついた曲を聞いて、オラオラするというだけだ。

この方法は男性に対しては効果バツグンであることは間違いないが、女性に対しては皆目見当がつかない。しかし私はこのストレス発散方法のポテンシャルは性別を飛び越えると確信している。女性もぜひ実践してパイオニアになっていただきたい。

今回は私が普段聞いている「一発でオラつける曲」を5曲紹介する。

①ブルーノ・マーズ「24K Magic」

YouTubeでも9億回以上再生されている、世界的にヒットした、ブルーノ・マーズ「24K Magic」ご存知の方も多いだろう。

知らなかったとしても、この容姿で、

この手だ。

曲なんか知らなくても一発でオラつけることは分かっていただけるだろう。

洋楽なので全編英語で何言ってんのかサッパリ分からないが、オラついていることを言ってることは間違いない。

車でオラつくのもおすすめ。もちろん親の車でも効果バツグンだ。

②BIGBANG「BANG BANG BANG(韓国語ver)」

韓国のスーパースターBIGBANGの「BANG BANG BANG」。

ここで注意していただきたいのが、決して日本語verを聞いてはならない。超カッコ悪い。

しかし、韓国語verは最高にカッコよくて一発でオラつける。

この曲も何を言ってるかサッパリ分からないが、絶対オラついたことを言っている。

自転車に乗りながらこんな感じでオラついてみても良いだろう。

曲調が目まぐるしく変わるので、いろんなバリエーションのオラつきが楽しめる。

いろんなシチュエーションでオラついてみよう。

③EXILE TRIBE「24WORLD」

フジタ調べで日本の歌手ではやはりEXILEはダントツでオラつきやすい。

中でも「24WORLD」は超かっこいい。もはや秒でオラつける。

PVを見ると、軽快な音楽と共にボーカルの人たちが街中や電車の中を練り歩いている。

これと同じことを、人込みを逆走しながら歩いているときや、電車の車両を移動するときにやると最高に気持ちが良い。

顔とかもEXILEにするとさらに良い。誰にも気づかれないように、こっそり踊っちゃってみても楽しい。

個人的には途中で入るラップの部分で無敵状態に達する。

④韻踏合組合「一網打尽 REMIX」

最後の2曲はラップの曲。

最近ではラップの曲が最高にカッコいい。

韻踏合組合「一網打尽(REMIX)」は、その中でも「悪そうな曲ランキングNo.1」だ。

上記写真の左側のスペースに自分の姿を重ね合わせてみよう。

組合の一員になったと思い込んで、曲聞きながら悪い顔して、すれ違う人達を全員仕留める勢いで両肩をぶん回してみよう。

次の瞬間あなたのストレスは全て発散されているはずだ。

よくよく歌詞を聞いてみると、面白い韻もたくさん踏んでいるので要チェックだ。

⑤晋平太「ストレイト・アウタ・ダンジョン」

Abema TVで放送中の「フリースタイル・ダンジョン」というフリースタイルラップバトルで勝ち続けると100万円を獲得できる番組がある。

晋平太は、その番組で唯一100万円を獲得したかなりの強者だ。

そして晋平太が100万円を獲得してすぐに発表したのがこの「ストレイト・アウタ・ダンジョン」だ。

この曲は好き嫌い分かれるかもしれないが、とにかく暑苦しくてダサい。

しかし、ストレスを発散する程オラつくには多少のダサさは致し方ない。

そして、私は暑苦しい曲は大好物なので気にせずオラつく。

この曲でオラつくときに思い出してほしいのは、

この手だ。

あいつの

この手だ。

今度はこの手を作って、リズムに合わせて体の前でぶん回そう。

ストレスの原因になる人がいるのであれば、そいつを想像して叩きつぶすイメージ。

これであなたのストレスは解消する。

ストレスは溜めないのが一番。

なにごとも楽しんでいこう。

それでは。

 - 戯言

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。